2017年3月28日火曜日

ついにお別れ

三日前、土曜日の朝、夢を見た。

綺麗な川を裸の男性が2~3人渡っている。
私もその綺麗な川を歩いて渡り、岸によじ登る。

カメラで写真を撮る。
満開の桜の向こうに満月が浮かび、真昼のように明るい。
桜の枝か雲に満月が見え隠れする。
私の右隣にはタクミンがいたような気がする。

***

◆裸の異性
恋愛運アップの暗示。対人関係の運気もアップしていることを表す。
周囲からの信頼が厚く、新たに出会う人ともすぐに打ち解けることができるほど、魅力が溢れ出ているでしょう。
積極的に行動することで、新たな出会いや素敵な恋愛が訪れる可能性が高いでしょう。

◆美しい川
何ごとにおいても運気アップの大吉夢。
仕事運、対人運、恋愛運すべてが順調に進み、自信が持てるでしょう。
人生において、望むべき要素をもれなく提供してくれる素晴らしい運気の夢。
直ちに積極的に行動に移しましょう。

◆川を歩いて渡る
あなたが未知の世界へ踏み出そうとしていることを暗示。

人生が地道に進んでおり、このまま進むことで順調に次の段階へとステップアップできることを意味。
「歩く」というノーマルでゆっくりした方法であっても、「境界線」を意味する川を渡っているのですから、「人生は確実に進んでおり、このまま停滞することはない」ということを意味します。
たとえ展開がゆっくりであっても、確実に次の段階へと近づいているわけですから、悲観したり焦ったりすることは禁物です。
「このままのんびり、次の段階への移り変わりを前向きに楽しもう」という大らかな気持ちでいた方が良いでしょう。

◆よじ登る
困難に立ち向かおうとする強い意欲の表れ。
またあなたの行く先に障害や困難が待ち構え平穏にはいかないかもしれません。
登りきる夢なら、心配事や不運など困った状況から解放されそうです。

◆写真を撮る
自分が置かれている現状をしっかり把握したいという気持ちが高まっていることを暗示。
撮影している光景は、あなたが気にしていたり、興味があったりする対象物であり、これをしっかり記憶に残しておきたいという気持ちを暗示。
恋のライバルがいる証拠。

◆誰かと一緒に咲き誇る桜を見ている
パートナーや仲の良い友人、恋人などとの別れを意味。
それは感情的な喧嘩別れなどではなく、異動や転居などの止むを得ない事情による別れ。

◆旬の時期に美しい桜や満開の桜を見る
運命的な出会いが待っている。
災いから救ってもらえる。
あなたの精神性が問われ大義を貫けば運勢向上。閃き通りに行動して思いがけない幸運を得る。
愛情生活や交友関係の充実。体調良好。

◆明るいと感じる満月の夢
対人運が好調であり、あなたの交遊関係が広がることを暗示。
しかし、異常に明るかったり異常な色だったりして、違和感があったり危険を感じたりする満月の夢であれば、 あなたが精神的に混乱しており、判断力が鈍っていることを暗示しています。
重要な判断をしなければならない場合には、先延ばしするか、あるいは普段より冷静かつ慎重に考えましょう。

◆月が雲に隠れる
金運・恋愛運の低下を暗示。
恋人や友人の裏切りにあう可能性がありますので注意しましょう。

***

昨日タクミンと地味ないさかいがあった。
そのうえ、営業会議資料の参考に送ったメールは無視された。

もう我慢することに耐えられなかった私は告げた。

「私のことを嫌いなのも忙しいのもわかるが、仕事が立て込むときはフォローしてください」

タクミンはそれには返信してきた。
「立て込むときは言ってください。気が利かなくて、すみません」

いちいち言わなくてもわかるだろ!
と、怒りが増し、我慢の限界に達した私は、ついに告げた。

「いえ。私の人間性と能力に問題があります。次の仕事が決まるまで、もうしばらくご辛抱ください。今までありがとうございました。さようなら」

「そんな風には思ってませんよ。気が利かなくて、すみません」と、タクミン。

私はもう返信せず、アドレス帳からタクミンの連絡先を消去した。

もう疲れた。

この一年、仕返しされたり、精神的に傷つけられるたびに、どうしてだろう何を伝えたいのだろうと、タクミンを理解しようと努めた。

無償の愛を注げば、改善されると思った。
でも、変わらなかった。

夢は多分、タクミンと花見に行きたいと思ったから見た願望夢だ。

そして、恋のライバルがいて不可抗力による別れがあるのだ。

私はタクミンに退社をほのめかした。
現実になるのかもしれない。

2017年3月15日水曜日

指の伝える意味

指には、それぞれ意味があるらしい。

右手・・・発信
左手・・・受信

親指・・・自分自身、信念を貫く
人差し指・・・夢、願望、意志、開拓、コミュニケーション
中指・・・感受性、直感、霊感、道しるべ
薬指・・・創造性、イマジネーション、願いを叶える
小指・・・変化、チャンス、願いが叶う


≪指が傷ついた時の意味≫

親指・・・精神的な悩み、落ち込み、心配
人差し指・・・コミュニケーションの問題、自信喪失、怒り、恐れ
中指・・・セックス、憤り、神経過敏
薬指・・・不信感、深い悲しみ
小指・・・家族の諸問題、嘘、偽り、秘密


≪指が伝える恋愛サイン≫

*右手*

親指・・・信念を貫く。困難を乗り越える。勇気を手に入れる。意志力、行動力を持つ。
→恋愛で自分が主導権を握る

人差し指・・・物事を達成させる。深い思考、正しい判断。
→片思いとじっくりと向き合う

中指・・.直感、霊感、インスピレーションを高める。周囲の悪意からの保護、厄除け。成功。
→行動の空回りを防ぐ

薬指・・・心と精神の安定。不安を消す。自分らしさを取り戻す。人間関係を円滑にする。
→好きな人の前で自分らしく振る舞う

小指・・・自己主張。自分らしさ。明るく活発になる。自信を持つ。社交性を高める。
→自分の魅力を存分に引き出す


*左手*

親指・・・信念を貫く。目標の達成。
→逆境に負けずに愛を貫く

人差し指・・・正直になる。迷いを消す。積極的になる。引っ込み思案の克服。自己表現を助ける。
→好きな人に素直な想いを伝える

中指・・・意志が強くなる。実力を発揮する。人間関係の改善。協調性を高める。コミュニケーションを円滑にする。他人の気持ちを察するのがうまくなる。
→恋人との関係が円滑になる

薬指・・・愛の証。恋人と自分をつなぐ。永遠の愛。
→絆を強め、愛を深める

小指・・・魅力を引き出す。願いを実現する。幸運につながる変化。素敵な出会い。
→出会いを呼ぶ。恋人との仲を深める

2017年3月5日日曜日

雛祭り二日後

一昨日は雛祭りでした。

『蕎麦打つて雛も三月五日かな』村上鬼城

2017年2月26日日曜日

理想の高みへ

エステサロンで、かわいいフェアリーのオラクルカードを引きました。

繰っているときにピョンと飛び出た一枚。

***

『Raising Your Standards 自己評価』

自分の夢を格下げして満足しないでください。

今までの状況を良い方向へ変化させたいと強く思ったのですから、宇宙はあなたの思いを叶えるために何らかの方法を探しています。

「あんな高いもの私にはとても買えない」とか「そんなことは絶対できない」というネガティブな言葉を使うのは止めてほしいと妖精たちが言っています。

あなたは豊かな報酬を受け取るにふさわしい人です(私たちすべてが豊かな報酬を受け取るに値します!)

***

毎度のことながら鋭い指摘。

確かに、高望みをしないで程々のところで満足しようとしていた。

望みが叶わなくて傷付くのが怖いから。

でも、このままでは万にひとつの可能性も無くしてしまう。

願おう、高い理想を。
夢見よう、輝く未来を。

2017年2月18日土曜日

結婚について

結婚について考える。
どうして結婚したいのか?

正直、将来が不安だから。

60歳~65歳の5年間、食い繋ぐだけの貯金はないし、65歳からの年金だって月7万円程度。

体はそんなに丈夫じゃないから、60歳すぎて働く体力はない。

勝手にタクミンと結婚することを想定して色々考えているが(付き合ってもないのに!)、
タクミンと結婚したいのか、それとも、単に誰かと結婚したいだけなのか?

私はもう少し結婚とか生活について、現実的に考えたほうが良い気がする。

2017年2月15日水曜日

爪の白点

少し前に、爪に白い点が現れた。

クリスマス翌日に左手の薬指に出て、大晦日にタクミンとケンカしたら消えた。
今は、うっすらと残っている。(写真2枚目)

その後いつだったか、右手の人差し指に出た。(写真1枚目)
多分、私の誕生日後。2月に入ってから。

そして、今朝、左手の中指に現れた。(写真3枚目)

白い点は幸運を表し、どの指に出るかで意味が異なるらしい。

***

親指:恋人や好きな人ができる

人差し指:希望や願いが叶う

中指:旅行や移転、不動産に関する良いこと

薬指:名誉や名声を得る、結婚相手との出会い、配偶者からの喜び、金銭的な喜び

小指: 資金繰りや金銭的喜び、子供に関する喜び

***

白い点が出ている間は幸運がもたらされるらしい。

消えた場合の解釈は色々で、幸運が去ると言う人と、そのまま続くと言う人といる。
時と場合によるのかも。

旅行を表す中指に白い点が出たら、その旅行が終わったら消えそうだし、
配偶者との出会いを表す薬指なら、その人と出会ったら消えそう。

でも、私の場合、チャンスを逃した感が強い(笑)

クリスマスに何があったのか、タクミンが配偶者に私をと思った(と仮定する)。
しかし、大晦日にタクミンの勝手な思い込みによるヤキモチにキレた私の態度を見て、やっぱり却下と思った。
つまり、タクミンの配偶者候補から外れたため、左手薬指の点は消えた。
この考え方のほうが自然である。

まだうっすら残っているということは、可能性はゼロではないということか(笑)

しかし、関係が遅々として進まないのは、何かしら問題があるからだ。
タクミンの人間性や環境、将来に。
だから、ご先祖様が引き止めてくれてるのだ。

とりあえず、良い旅行に出かけることができるらしいから、楽しみにしておこう!

2017年2月11日土曜日

私の知らない秘密

奈良の大神神社が気になる。

大神と書いて、「おおみわ」と読む。

なんで気になるんだろうと由緒を調べて、興味深い話に行き着いた。

崇神(すじん)天皇の御代に神意を伝える巫女として天皇のまつりごとを助けた倭迹迹日百襲姫(やまとととびももそひめ)という方がおられました。
この姫が大物主大神(おおものぬしのおおかみ)の妻となられるのですが、大神は夜にしか姫のもとを訪れません。
姫は貴方様の顔をはっきり見たいと大神に願い出られます。
もっともな事と、姫の申し出を聞き届けた大神は、姫の櫛を入れた箱の中にいるが、箱を開けても決して驚いてはならぬと念を押しました。
不審に思いながらも明朝に姫が箱を開けると、そこに小蛇が入っており、驚きのあまり姫は悲鳴を上げてしまいます。
大神は蛇からたちまちに麗しい男性に姿を変え、約束を破ったことを責め、二度と姫とは会えぬと大空を翔けて三輪山に帰ってしまわれました。
そして後悔した姫は箸で女陰を突いて命を落としてしまわれました。
このことから百襲姫(ももそひめ)の墓は箸の御墓(みはか)と呼ばれました。
三輪山の麓にある箸墓(はしはか)にまつわる、この悲しいお話が『日本書紀』に記されています。
(神社Webサイトより)

この話を読んで、タクミンが頭に浮かんだ。

何故だろう。

タクミンには何か、まだ私の知らない重大な秘密があるのだろうか?

どんな秘密でも、驚くことはあっても嫌いになることはないけどなぁ。